ムービーを見る
  • 今月の特典
  • カレンダー
  • 公式ブログ

当院について

住所

武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903号

TEL

0422-20-7217

施術時間
◎営業時間
平日13:00〜23:00
土日11:00〜21:00
※予約優先
◎予約受付時間(当日分の予約可。下記受付時間内に申込み下さい)
平日13:00〜20:00
土日11:00〜18:00

ページトップへ

HOME > 院長ブログ > 院長ブログ > 「首こり」や「首の痛み」をとるためのトリート整体

院長ブログ

< 『辛くなる前にお越し下さい』とは?  |  一覧へ戻る  |  腰痛があり、腰から腿にかけて「くすぐったい!」 >

「首こり」や「首の痛み」をとるためのトリート整体

「首こり」や「首の痛み」をとるためにトリート整体
首の骨の数は哺乳類であれば、7個と決まっているそうです(ナマケモノは、違うそうだ)
キリンの様な首の長い哺乳類も7個だそうです。
中には8個あると言われたことがあると来店された方もおられます。

首は、終日重い頭を支え続けています。

人の頭を金槌に例えると、釘を打つ金属が「頭」で手で握る柄が「首」になるのでしょうか。金槌の金属を真上に持ってきている時は、握っている手には金槌全体の重さが掛かるだけですが、斜め45度にして握ると手には金槌全体以上の重さが掛かってきます。

ちょうど人の身体に例えれば、手の位置は、背骨の頚椎7番と胸椎1番の繋ぎ目にあたり、大きく負荷が掛かってきます。胸椎1番は肋骨1番と繋がっています。肋骨1番は鎖骨と繋がっていて、神経や血管と隣り合わせに位置しています。つまり、正しい位置に「頚椎7番と胸椎1番と肋骨1番と鎖骨」がいないと神経や血管が圧迫されやすくなるのです。

短時間ならたてがみの様な「項靭帯」が頑張ってくれるので首の筋肉の掛かる負担は少なくて済みます。「項靭帯」の柔軟性が損なわれるほど、負荷が掛かると、喉側の筋肉を伸ばし難くして、「項靭帯」の回復を待とうとします。
繰り返し「項靭帯」に負荷が掛かるといわゆる「ストレートネック」と診断され筋肉にも神経にも負担の掛かる状態になってゆきます。「ストレートネック」の改善には、喉側の筋肉の凝りを取り除くことが大切です。

加えて、7個ある頚椎に僅かなズレが生じるとそれは、僅かな動きでも激痛が起きやすく、大変辛い思いをすることになります。痛みが辛いので、どなたでも無意識のうちに動かさない様に更にチカラが入ります。「首の動き」は身体を動かすときの「最初の動き」であることが多く、首が動かさない身体の動きはとても不自然なギクシャクした動きであることは体験上理解しやすいことと思います。

また、例えば、パソコンに向い姿勢を気にしないでパソコンに向かっていると、どなたでも先程の金槌を斜め45度に握っているのと同じ「覗き込む」姿勢になります。その状態でいる時に、横から声を掛けられたとしましょう。

貴方は、一度顔を起こしてから声のする方向を見ますか?
それとも
「覗き込む」姿勢のまま声のする方向を見ますか?

ほとんどの人は後者のステップを踏むでしょう。

さらに話が終わり再びパソコンに向かう時、首だけ元の位置に戻すと、首には左右の異なった凝りが出来てしまいます。

自由に動く首だけど動いた道順を丁寧にたどって戻してあげないと辛い「首こり」の原因になってゆきます。

「首こり」の施術の上で気をつけることは、必ず最初に「首の緊張を抜く」ことです。

噛み合わせを整える施術は、頚椎の1番と2番の間にある顎の軸にアプローチし、噛み合わせが整うと首の緊張が緩んできます。加えて、首の緊張が緩んでくると腰の緊張も緩んできます。
そのため、首の凝りや痛みをとってゆく上で「頭のマッサージ」は欠かすことのできないステップになります。
首の痛みや首の凝りを抱えた方が多くお見えになるのは、当院の施術が「頭のマッサージ」から始まるからだとと思っています。


.............................................
頭のマッサージが気持ちイイ‼︎
頭から始まり 顎で整える整体
おかげさまで12周年
トリート整体院 吉祥寺
https://www.treat-kichijyoji.com
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903
☎︎ 0422-20-7217
院長 坂本政信
.............................................


カテゴリ:

< 『辛くなる前にお越し下さい』とは?  |  一覧へ戻る  |  腰痛があり、腰から腿にかけて「くすぐったい!」 >

同じカテゴリの記事

腰痛があり、腰から腿にかけて「くすぐったい!」

腰痛があり、腰から腿にかけて「くすぐったい」方は、大腰筋がとても凝っているかも知れません。

腰痛がある場合、施術上骨盤や股関節まわりを緩めたいと腰から腿にかけて施術しようとすると、「キャッ!くすぐったい!」と悲鳴が上がります。

その様な場合、トリート整体院吉祥寺では、「腸腰筋刺激法」が活躍するのですが、腰痛は楽になってゆきますが、「大腰筋刺激法」でアプローチすると、腰痛は勿論、腰から腿にかけての「くすぐったい!」も無くなってしまう方が多いです。

元々「くすぐったい!」は、痛いと感じる筈の感覚器官が弱い刺激に対し「くすぐったい!」と感じてしまうそうです。


.............................................
頭のマッサージが気持ちイイ‼︎
頭から始まり 顎で整える整体
おかげさまで12周年
トリート整体院 吉祥寺
https://www.treat-kichijyoji.com
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903
☎︎ 0422-20-7217
院長 坂本政信
.............................................


『辛くなる前にお越し下さい』とは?

「辛くなる前にお越し下さい」の意味
一言で言えば『引力』の影響が答えです。
正しい姿勢で、座り続けたり、立ち続けたりしても、身体は、『引力』の影響に抵抗し姿勢を維持するため、筋肉に疲労物質が溜まります。逆に『引力』の掛からない宇宙空間では、骨が骨粗鬆症となり、大変脆くなります。
しかも身体をそのままの姿勢でいるときは、心臓の力だけで血液を循環させるので、心臓の負担は大きくなります。『ミルキング現象』と言って筋肉の動きで循環を助け、心臓の負担を減らすシステムが身体には存在しますが、心臓より下に位置する部位は、循環仕切れないこともあり、ふくらはぎの「むくみ」は有名です。そこで、職場の朝や昼の体操などは、作業能率を向上させた改善策の一例ですし、背伸びや肩や腕を回すことなど簡単なその場で出来る体操です。
ちなみに、「あくび」は、脳へ酸素を送り込む大切な生理現象で、首の胸鎖乳突筋を緩めます。「耳たぶ後ろ回し」は効果的な運動です。
疲労物質を循環させるためには「自ら身体や筋肉を動かすか、人に身体を動かして貰うか」しかありません。
その上、「利き手を使う」ように身体の部位や筋肉は左右対称に使われていない事や、ジムに通われている方でも左右均等に鍛えられている方は殆どいないと思います。その為ただ立っていてもただ座っていても、筋肉の左右で疲れの出方が異なる上、筋肉は使われるとき縮みます。結果身体に『歪み』がおきてきます。
歪んだ身体を左右均等に動かそうと『脳の運動野』が頑張って働くので、疲れやすく感じてしまいます。脳の疲れと身体の疲れに極端な差が出てくると、睡眠の質が悪くなる方が増えてきます。
睡眠の質の悪化は、側頭筋に凝りとして出現することが多く、施術で「頭のマッサージ」をしている時に気がつきます。
「辛くなる前にお越し下さい」は、「何らかのシグナルを感じたら早めにお越し下さい」
だから、毎月や季節の変わり目など、「定期的に」身体のメンテナンスが必要だと思っています。


.............................................
頭のマッサージが気持ちイイ‼︎
頭から始まり 顎で整える整体
おかげさまで12周年
トリート整体院 吉祥寺
https://www.treat-kichijyoji.com
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903
☎︎ 0422-20-7217
院長 坂本政信
.............................................


トリート整体体操(立位)

トリート整体院吉祥寺体操 (立位)

⑴側頭筋M(こめかみは特にしっかりと)
⑵両耳たぶ後ろ回し(小さく)+両頬なぜ下ろし(耳を人差し指と中指で挟む位置から)3セット
⑶鎖骨M(反対側の人差し指と中指で鎖骨を挟みながら肩口に向って移動させる。)
⑷顎ストレッチ3セット(交互腿上げ重さチェックの上重い側の頬シュッ!と撫でる)
⑸谷合縫合M(言葉での説明が難しいので、やり方は来店時聞いて下さい)
⑹ラムダ縫合M(言葉での説明が難しいので、やり方は来店時聞いて下さい)
⑺仙腸関節M(言葉での説明が難しいので、やり方は来店時聞いて下さい)
⑻全屈伸(踵を上げないことがコツ)
⑼体前屈から上体起こし(首から力を抜いたまま、上体を起こします。背骨一本一本をゆっくり起こすことが大切です)
(10)万歳状態(手のひらを上に両手を組んだまま、手のひらから背中までが一本筋が通った状態をキープする事が大切ですが、決して首から力を抜いておく)のまま、背中から上体を前に倒す
(11)骨盤立てウォーキングwith腹式呼吸(腰椎の凸凹のチェック)

.............................................
頭のマッサージが気持ちイイ‼︎
頭から始まり 顎で整える整体
おかげさまで12周年
トリート整体院 吉祥寺
https://www.treat-kichijyoji.com
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903
☎︎ 0422-20-7217
院長 坂本政信
.............................................


トリート整体体操(寝てから体操)[改訂版]

トリート整体体操(寝てから体操)[改訂版]
腰が疲れた!と感じておられる方の「寝てから体操」
仰向けに寝た姿勢のままでする体操です。全部終わらなくて、途中で寝てしまっても大丈夫です。自然に仰向けの姿勢に戻っていますのでご安心下さい。一週間ほど続けてみて下さい。
⑴両膝を立た状態からスタートします。次に足の裏を合わせるように両膝を倒すようにチカラを抜いてパタンと開きます。気持ちイイと思う時間そのままの姿勢をキープし、両膝を立てた状態に戻します。
⑵両膝を立てた状態から両膝をそのまま胸の前に抱え込みます。気持ちイイと思う時間そのままの姿勢をキープし、両膝を立てた状態に戻します。
⑶両膝を立てた状態から両膝を同じ側、例えば左側に倒します。気持ちイイと思う時間そのままの姿勢をキープし、両膝を立てた状態に戻します。(次に反対側に倒します)
⑷次に片足を伸ばし片膝を立てます。例えば左側膝を立てているとすると、右側に右足を乗り越えるように膝を倒し左手で倒した膝を上から軽く押さえます。気持ちイイと思う時間そのままの姿勢をキープし、片膝立ちの姿勢に戻します。(次に反対側に倒します)
⑸⑷の体勢で、腸骨の上から、腸骨と同じ側の手の親指と人差し指の間のカーブを、気持ちの良い強さで腸骨の内側に差し込むように押さえます。(反対側も同様に)
⑹再び両膝を立てた状態に戻し、最初の⑴の体操に戻ります。(今度はかかとの位置に気をつけて)(かかとの位置がお尻により近い方が負荷が強くなりますが、骨盤が立ちやすくなります。痛みが出ると力んでしまいます。力み厳禁です。)

この一連の動きは、骨盤を立てる体操です。骨盤が立つと背骨のS字カーブが復活して、腰の痛みや重さや疲れは取れやすくなります。また腰が緩むと首のS字カーブが復活して、首の骨の弾力性も戻りやすくなります。

.............................................
頭のマッサージが気持ちイイ‼︎
頭から始まり 顎で整える整体
おかげさまで11周年
トリート整体院 吉祥寺
https://www.treat-kichijyoji.com
https://www.treat-kichijyoji.ecnet.jp
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903
☎︎ 0422-20-7217
院長 坂本政信
.............................................


ポッコリお腹を引っ込めると腰が痛くなる

最近ポッコリお腹が気になっている方はいませんか?
お腹の出具合が気になる方はとても多い思います。
そんなとき、お腹を引っ込める様にしていませんか?
実は、その動作が腰痛の原因だと気づいている方は少ないと思います。
筋肉の拮抗バランスから説明が出来ます。
例えば、腕を曲げるとき、曲げる側の筋肉は縮み、反対側の筋肉は伸ばされ緩む、と言う原理です。
そこで、お腹を引っ込める(腹筋に力を入れる)と、背中は伸びます。腹筋運動をするとよく分かります。背中が伸びると骨盤は〈後傾〉し〈骨盤後傾〉といいます。
それに対し「座骨2つと恥骨の三点で座ること」を〈骨盤立位〉といい、骨盤の上に肋骨が立って乗り、眼と鼻のライン(鼻棘耳孔線・ビキョクジコウセン)が地面と平行になった角度で頭が乗りますので、座位でも背骨のS字カーブがキープ出来、筋肉に負担の掛かりにくい状態となります。
骨盤が後傾すると太ももの裏のハムストリングが緩み、大臀筋も緩み、腸腰筋も緩みますので、膝を曲げて歩くお年寄りのスタイルに近づき後ろから何か引っ張られている様な感じがします。
スタイルを良く見せようとお腹を引っ込めることが、腰痛の原因だとは、ビックリです。


.............................................
頭のマッサージが気持ちイイ‼︎
頭から始まり 顎で整える整体
おかげさまで12周年
トリート整体院 吉祥寺
https://www.treat-kichijyoji.com
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
サニーシティ吉祥寺903
☎︎ 0422-20-7217
院長 坂本政信
.............................................


このページのトップへ